カニドン(ミルク金時)再開!!場所は岡山県のどこ?アクセス(行き方)や営業時間は?口コミ(評判)についても!

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

毎日暑いですね。

関東は昨日から梅雨入りをした

という話でしたが、もう夏なんですね、

やはり暑く感じます。

お風呂上がりに、アイスを食べるのが

たまらなくなる季節になりました。

私は毎年、夏に飲食店が出す、

かき氷を楽しみにしているのですが、

今回はこのかき氷について

気になる情報をキャッチしました。

かき氷はいろんな種類がありますが、

その中でも定番中の定番に「ミルク金時」があります。

ミルク金時とは、

小豆や小豆餡の入ったかき氷に

練乳などのミルクをかけたものですね。

このミルク金時ですが、

岡山のとあるお店が発祥なんだそうです!

このお店は地元の人から長らく愛されていたのですが、

惜しまれつつも2016年に閉店。

ですが、なんと今年6月1日から

堂々と復活されたとのこと!!

これは嬉しいニュースですね!!

今回は、岡山県にある

ミルク金時発祥のお店について

調べてみました♪

スポンサードリンク

・かき氷「ミルク金時」の発祥のお店

出典:https://okayama.keizai.biz/

かき氷の「ミルク金時」発祥のお店として

知られるのは、岡山県岡山市北区表町にある

老舗喫茶「カニドン」というお店になるそうです。

このお店は大正13年頃に創業されたそうなんですが、

当時このお店をたまり場として

愛用していた地元の高校生たちが、

注文したかき氷の「金時」に、

コーヒー用のミルクを掛けて

食べるのがお気に入りだったんだそうです。

それを見た店主は、試しにそれを

他のお客様にも出してみたそうです。

するとそれはたちまち大評判となり

「ミルク金時」として

町の人達から愛されるようになったそうですよ。

今回、その元祖「ミルク金時」を

復活させるべくお店を再開したのは、

5代目店主となる水島浩美さんです。

画像に写っている方が

浩美さんになります。

浩美さんの父・正次さんが、

カニドン2代目店主だったそうで、

浩美さんも子供の頃から

お店の看板メニューである

「ミルク金時」の大ファンだったとのこと。

同店は4代目を浩美さんのいとこが務め、

お店は変わらず開店していたそうですが、

その方が体調を崩してしまったため、

苦渋の選択で2016年に閉店。

その事実が知れ渡ると、

全国から残念がるお客さんの声が

浩美さんの元にも届いたそうです。

何よりも、浩美さん自身が、

カニドンのミルク金時が大好きだったため、

なんとかあの味を復活させたいと思い、

お店を引き継ぐことを決意したそうですよ。

それからメニュー作りや経営ノウハウなどを猛勉強、

そしてこの度満を持しての再開となったそうです!!

ファンとしては嬉しい限りですね。

これは是非とも食べに行きたいです!

スポンサードリンク

老舗喫茶「カニドン」の場所やアクセスは?

そんな老舗喫茶「カニドン」はこちらになります。

住所:岡山県岡山市表町2丁目1-40

TEL: 086-233-8982

営業時間:午前9:00~午後17:00

定休日:火曜

【交通機関】

電車:JR岡山駅より徒歩約20分

お店の看板メニューである「ミルク金時」の他にも、

イチゴ氷、チョコ氷、黒蜜きなこなどもあり、

メニューは豊富なようです。ドリンク類も提供しているそうですよ。

再開したお店に行かれたお客様からは、

みる金をいただきました。

味も濃くて美味しかったです。

価格も500円とリーズナブルに感じました。

と声が寄せられており、

評判も上々のようです。

浩美さんは

「懐かしがって足を運んでくれる人がいる。

今の子どもたちにとっても

『思い出の味』になっていってほしい」

とコメントされています。

代々に渡って引き継がれる味、

ぜひこれからも世代を通して愛されていくと良いですね♪

以上、老舗喫茶「カニドン」についてでした♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)