フレンド(新潟県イタリアン)がケンミンショーへ!場所(行き方・アクセス)は?口コミ(評判)は?ぎょうざ通販あり!

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

5月24日(木)日テレで放送される

「秘密のケンミンSHOW!」では

”衝撃!新潟謎の2大イタリアン” として、

新潟県のご当地グルメが紹介されるそうですね!

新潟県の「イタリアン」については、

以前も番組で取り上げられていたそうですが、

今回はそのイタリアンの中でも有名なお店が紹介されるようです!

気になったので、そのお店について調べてみました!

また、どうやら有名なお店が2店舗あるようなので、

今回は記事を分けて紹介したいと思います!

※こちらの記事では、

まず「フレンド」というお店について

紹介しております。

同じく新潟県イタリアンのお店として有名な

「みかづき」についての記事はこちらになります。

新潟県イタリアンの通販情報もあり!

スポンサードリンク

そもそも新潟県のイタリアンってなに?

私たちが「イタリアン」と聞く時、

ついどこかのオシャレな

イタリア料理を想像してしまいますが、

新潟県で言うところのイタリアンとは

所謂ご当地B級グルメのことを指します。

どういう食べ物かというと、

「ソース焼きそば」の上に「ミートソース」をかけるという、

何とも斬新な料理!!

ソースとミートソース、

一見味がケンカしてしまいそうな組み合わせですが、

意外や意外、これが実に絶妙な味になって、

一度食べたらやみつきになるんだとか!!

日本人は元々口内調味に長けている民族と言われており、

それゆえに外国人では思いもよらない食の組み合わせをしますが、

この新潟県のイタリアンも日本人ならではの

発想から生まれたのかも知れませんね。

ちなみに新潟市民にとっては

最もポピュラーな食べ物のため、

県外に出て初めてイタリアンが

ご当地グルメであったことを知って

衝撃を受けることも少なくないんだそうですよ。

スポンサードリンク

フレンドについて

出典:https://www.tripadvisor.jp/

フレンドのイタリアン

新潟県でイタリアンとして有名なのは

主に「フレンド」と「みかづき」という

お店になるそうです。

ちなみに、イタリアン自体は

新潟市にある「みかづき」のオーナーであった

三日月晴三さんが考えたものだそうです。

当時三日月さんと親交のあった

長岡市にある「フレンド」の経営者である木村政雄さんが

自分のお店でも販売することを希望、

両社の商圏はそれぞれ新潟市内と長岡市内に限られており、

競合の恐れがなかったことから、三日月さんが快諾されたそうです。

両社がそれぞれのテリトリーで店舗チェーンを展開したことによって、

地元で広く親しまれ、そしてついにはご当地グルメとなったそうですよ。

スポンサードリンク

フレンドはどこにあるの?

フレンドの店舗の場所はこちらになります。

みかづきと同じようにフレンドもチェーン店となるのですが、

今回はアクセスしやすいように駅に近いお店を紹介しますね。

フレンド CoCoLo長岡店

出典:https://www.tripadvisor.jp/

住所:新潟県長岡市城内町1-611-1 駅ビル CoCoLo長岡内

TEL: 0258-36-7707

営業時間:午前10:00~午後20:00

定休日:無

特記事項:店内には食べるスペース無、近くのフードコートで食べることができる。

【交通機関】

電車:JR長岡駅からすぐ

スポンサードリンク

・フレンドでは、特製のぎょうざ通販を行なっている!!

フレンドではイタリアンに加えて

特製ぎょうざをセットにすることが有名だそうで、

このぎょうざの評判がとても良いそうです。

嬉しいことにフレンドでは

特製ぎょうざの通信販売を行なっている

そうですよ!!

出典:https://www.e-friend.co.jp/

一袋40個入で1110円(送料別)となるそうです!

一袋にたくさんのぎょうざが入っていますので、

これはみんなで楽しめそうですね♪

【フレンド公式サイト通信販売:https://www.e-friend.co.jp/

ちなみに、みかづきのホームページでは冷凍イタリアンとして、

イタリアンの通信販売を行なっているそうです。

みかづきの記事についてはこちら

みかづきで「イタリアン」を取り寄せて、

さらにフレンドで「ぎょうざ」を取り寄せれば、

夢のコラボが実現!?

私も早速注文したいと思います♪

以上、新潟県のイタリアンのお店「フレンド」についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)