孔雀(インドクジャク)が群馬県邑楽町(おうらまち)の住宅街に!逃げ出した野良?それとも野生?駆除か保護か?

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

この度、群馬県邑楽町(おうらまち)の住宅街で

クジャクが頻繁に目撃されるという情報をニュースで見かけました。

ええ!?住宅街にクジャク!?

クジャクって、あの動物園で見かけるあのクジャクですよね!?

なんでまた……!

しかもそのクジャクは

どうやら野良ではないかという噂。

野良ってことは

どこかのお家から逃げ出した

ということですよね!

そもそも、クジャクって飼えるんですか!?

気になったので、いろいろ調べてみました!

スポンサードリンク

【目次】

  1. 話題になっている野良(?)クジャクについて(このページ)
  2. クジャクは飼育が可能?野良クジャクの今後の運命は?

話題になっている野良(?)クジャクについて

出典:https://ja.wikipedia.org/

※画像はイメージです。

今回話題になっている舞台は、

群馬県邑楽町(おうらまち)となります。

この町では、見事な美しい青い尾を持つ

オスのインドクジャクと見られる動物が出没するとのこと。

調べたところによると、この町では昨年の秋頃から、

町内篠塚にある長柄神社周辺の雑木林で、

クジャクを見かけるようになったそうです。

出典:https://www.google.co.jp/maps/

このクジャクは地元でも話題となり、

昨年の秋頃は、まだ尾も短かったそうなのですが、

今年の3月にはしっかりと伸びて

元気に育っているそうなんです。

当初はこの雑木林周辺に出没していたようなのですが、

行動範囲を住宅街まで広げたらしく、

クジャクが住宅街を闊歩しているとの

目撃情報が増えたため、

今回改めて話題になったようですね。

話題のクジャクは

あまり人を恐れていないようでして、

その様子から専門家は

「飼われていた可能性が高い」

という見解を出しているようです。

【NEXT】そもそもクジャクは飼育が可能?邑楽町の野良クジャクの今後の運命は?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)