今村昌弘wiki!屍人荘(しじんそう)の殺人がミステリランキング3冠!鮎川哲也賞の賞金(印税)はいくら?出身や家族(親)についても!【ゴロウデラックス】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

5月3日(木)TBSで放送される

「ゴロウデラックス」では

今話題の新人作家である

今村昌弘さんが出演されますね!

今村さんは、

東京創元社の「鮎川哲也賞」を受賞!

それを機に新人作家としては

前代未聞の3冠を達成したんだとか!?

なんだかとてもすごい人のようですね!!

気になります!!

また今回は、ちょっと人には聞けない

賞金の金額や本の印税収入についても合わせて調べてみました♪

スポンサードリンク

【目次】

  1. 今村さんのプロフィールについて
  2. 厳しくも温かく応援してくれたお父さんについて
  3. 人にはちょっと聞きづらい作家のオカネの話し
  4. 「屍人荘の殺人」のあらすじとちょっとお得に読める方法

期待の新人作家 今村昌弘さんについて

まずは今村さんのプロフィールについて調べてみました♪

出典:http://bunshun.jp/

氏名:今村 昌弘(いまむら まさひろ)

生年月日:1985年(月日不明)

年齢:35~36歳(記事作成時)

出身地:長崎県

血液型:不明

身長:不明

最終学歴:岡山大学

職業:小説家

今村さんの出身は長崎県となります。

小学生の時に、学校の図書館に置いてあった児童向けミステリーを

「ミステリージャンル」とは知らずに「面白い本」として、

夢中になって全て読破されたそうです。

後に、小学校で読んでいた本の数々が

「ミステリー」と呼ばれているジャンルだと知り、

このジャンルを本格的に学ぼうと勉強し始めたのは、

意外にも成年以降なんだとか!

今村さんは医療の道へ進むために岡山大学へ進学し、

国家試験の勉強に励んでいたのですが、

根を詰める日々に嫌気が差してしまい、

手慰み程度に文章を書き出したのが

創作のきっかけだったそうです。

作品自体は完成したものの、

内容は自己満足程度、そこで自分の書くものが

本当に世間に通用するのかどうか試したくなった今村さんは、

短編を書いては少しずつ賞へ応募するようになったそうです。

そんな時に、

電撃小説大賞の短編部門で二次選考まで通過!

その時の評価が

「この作者は長編も書けるはずだ」

「キャラクターが魅力的」

だったそうで、手応えを感じた今村さんは

俄然創作活動にやる気を出してしまったんだそうです。

集中して作品を書きたい……!!

すでに大学を卒業し、

放射線技師として働き始めていた今村さんは、

なんと仕事を辞めようと決意をされたそうですよ!!

【NEXT】厳しくも温かく応援してくれた父

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)