蕪(かぶ)島はウミネコだらけ!?観光する時期はいつ?神社の場所は青森県八戸市!【ダーウィンが来た】

こんにちは!

気になることは何でも調べちゃう、

知りたがりの麻衣(まい)です♪

4月8日(日)NHKで放送される「ダーウィンが来た!」では、

ウミネコの楽園と言われている蕪島が取り上げられるそうですね。

なんでもウミネコは神様のお使いとして扱われ、

地元の人に手厚く保護されているのだとか……。

どうやら蕪島の頂上には神社が鎮座しており、

ウミネコの大群が蕪島で繁殖期を迎えるため、

神様のお使いであると昔の人は思ったのかもしれませんね。

それにしても、蕪島神社……

一体どういうところなんでしょうか?

気になります!行ってみたい……!

今回は蕪島神社についてと、もし蕪島神社へ行くならば、

一体いつの時期がベストなのかについても調べてみました♪

スポンサードリンク

本当にウミネコだらけだった!

出典:https://www.aptinet.jp/

この神社の名物?は、

画像の通り、空を飛び交うたっくさんのウミネコたち!

ほ、本当にいっぱいなんですねー!

なんでも、ウミネコは漁場を知らせてくれる鳥であり、

神様のお使いとして昔から大切にされてきたんだそうです。

出典:https://ja.wikipedia.org/

そのため、人家の近くでありながら

島全体がウミネコの大繁殖地になっているそうで、

繁殖期に島に訪れるその数はなんと約4万羽

日本には10か所ほどウミネコの繁殖地があるそうですが、

ウミネコの巣を間近に観察できる唯一の場所であることから、

1922年に天然記念物に指定されているそうですよ。

それにしても、この風景は圧巻そのものですね汗

スポンサードリンク

神社はどこにあるの?

青森県八戸市にある蕪島は、長さ約300m、周囲約800m、

高さ約19mの瓢箪型の小さな島だそうです。

大正八年に橋がかけられるまでは完全な離島だったらしく、

島へ渡るには船じゃないと行けなかったんだとか。

その後、昭和十八年から埋め立て工事を行い

現在のような本土と陸続きの姿になったんだそうですよ。

そんな島の頂上にあるのが「蕪嶋神社」となります。

住所:青森県八戸市大字鮫町字鮫56-2

電話:0178-34-2730

拝観時間:午前9:30~午後16時

【交通機関】

電車:JR鮫駅から徒歩15分

バス:JR鮫駅から種差海岸遊覧バスうみねこ号「蕪島海浜公園」下車 約3分

タクシー:JR八戸駅から約25分

自動車:八戸市中心街から約20分、八戸自動車道八戸ICから約25分

訪れる際の注意点!

蕪嶋神社は2015年11月5日に発生した火災により

社殿が全焼したそうでして、

現在は蕪島海浜公園の入口付近に

臨時の社務所が設置されているそうです。

社殿は2019年12月頃まで再建工事中となるため、

蕪島島内(頂上)及び蕪島前広場の一部への立入が制限されていますので

お立ち寄りの際はご注意くださいませ。

なお、ゴールデンウィーク中であれば一般開放されているようですので、

心配な方はお問い合わせをしてからお出かけをなさってくださいね。

出典:http://japan-web-magazine.com/

島の入り口には真っ赤な鳥居があり、

頂上には蕪島神社が鎮座しています(2019年4月現在は再建工事中)。

神社の御祭神は、

市杵嶋姫命(イチキシマヒメミコト)になるようですね。

市杵嶋姫命は神仏習合の際に

弁財天と同一視されるようになった日本の神様です。

同じ有名所では広島県宮島の厳島神社の神様と一緒ですね♪

蕪島の弁天様は、商売繁盛、漁業安全の守り神として

古くから信仰を集めてきたそうです。

蕪嶋神社は地元の人からは

「かぶしまさん」と親しまれているそうですよ。

そして、蕪島の「蕪(かぶ)」と「株」が同じ読みであることから、

今日では株価と人望の「かぶ」が上がるご利益があるとも言われているそうです♪

出典:https://aomori-miryoku.com/

こちらの「かぶあがりひょうたん御守」が人気なんだとか!

スポンサードリンク

いくならいつ?

ウミネコは渡り鳥です。

蕪島のウミネコの大群を見たいのであれば、

ぜひ繁殖期を狙っていきましょう。

ウミネコの繁殖期は5月頃です。

毎年2月の節分を過ぎた頃から島にウミネコが集まり始めて、

3月の末には、一気に約3万羽を越えるそうですよ。

そして4月に産卵、5月に卵が孵化して、

そこから約2か月に渡る子育てがスタートします。

行くならば、5月~6月が狙い目ですね!

雛は6月末頃に巣立ちをしますので、

大人になった若いウミネコと共に7月末から徐々に島を飛び立ちます。

そして、8月上旬には全てのウミネコが蕪島から離れるそうですよ。

そしてこの島には、ウミネコがこんなにもたくさんいるから

という理由ならではの、ご利益があるんです……!

神社の入口には、無料の傘の貸出があるそうでして。

なんでも、こちらの神社では、雨が降っていなくても

傘をさしてお参りする方が多くいらっしゃるそうです。

そうです。

なぜならば空から「あるもの」が降ってくるから……。

ですが、こちらの島ではそれが付くと

「運」が付くというご利益が信じられているようです汗

ぜひとも運を呼び込みたい!と思われる方は、

勇気を出して傘をささずにお参りに挑んでみましょう。

見事に自分の身体に的中したら”運”が付いたということで、

神社から特別に”会運証明書”がもらえますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)