ユーパーライト(鉱物)が話題!日本で買える?まるでラピュタの飛行石!名前の由来は?発見場所は?なぜ光る?【アメリカミシガン州】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

今ネットでは

「ユーパーライト」

というものが話題となっているそうです。

ユーパー……ライト……?

こちら初めて聞く名称なのですが、

一体どういったものなのでしょうか?

気になったので、今回は

「ユーパーライト」について

調べてみました!

スポンサードリンク

ユーパーライトは新種の鉱物

出典:https://www.facebook.com/Yooperlites-205165993433467/

調べてみたところ、ユーパーライトとは、

アメリカのミシガン州で発見された

新種の鉱物のことなんだそうです!

発見者は、宝石商の

エリック・リンタマキさん。

フィールドワークとして

自らも鉱物を収集しているそうなのですが、

2017年の6月に偶然この石を発見したそうですよ。

この石を発見した当初、

自身の豊富な知識や経験を持ってしても

「この石が何なのか分からない」となったそうなんです。

そこでインターネットでも調べたそうですが、

なんとこの石についての情報は皆無!

知人でもある複数の鉱物の専門家にも

見解を聞いたそうなのですが、

彼らも全く分からなかったそうなんです。

まさに未知の石!

うわぁ……!地球上にはこういった

未発見のものが、まだあるんですね!

とてもワクワクします……!

スポンサードリンク

ユーパーライトの発見場所

その石が見つかったのは

アメリカ ミシガン州のスペリオル湖の湖畔とのこと。

出典:https://www.epochtimes.jp/jp/2007/09/html/d30480.html

スペリオル湖とは北アメリカにある五大湖の一つであり、

面積は82200km²となり、淡水湖としては世界最大規模となるそうです。

驚いたことに、今回発見されたユーパーライトは、

なんとこの湖畔にゴロゴロしているんだそうですよ。

なぜ今まで発見されなかったんだと思いますが、

まさに灯台下暗しだったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ユーパーライトの名前の由来・特徴

ユーパーライトの特徴は

なんと言っても光ること!

紫外線を照射すると光るんだそうです。

鉱物には紫外線ライト、エックス線、

電子ビームなどをあてると光る、

蛍光鉱物といわれている石(例:蛍石等)があるのですが、

通常は照射をやめると光もおさまるんですね。

しかし、この動画を見ると、

ユーパーライトは紫外線を蓄えた後、

自ら発光しているように見えます……!

これはすごい……!

ユーパーライトの名前の由来は、

ミシガン州アッパー半島に暮らす人を指す

「ユーパーズ」にちなんだものだそうですよ。

なお、このユーパーライトを調査して、

新種の鉱物であることを確認したミシガン州立大学は、

蛍光性方ソーダ石含有閃長岩クラスト

(syenite clast containing fluorescent sodalite)

という科学的な名称を与えているそうです。

スポンサードリンク

ユーパーライトは日本で買える?

新種の鉱物である光る「ユーパーライト」

まるで、アニメ映画:天空の城ラピュタに出てくる、

飛行石のような石ですよね。

私も欲しくなっちゃいました!

日本で買えるところがあったら良いな

と思ったのですが、残念ながら

現時点では国内ではまだ購入はできないようです。

ですが、これだけ話題になっているのであれば、

今後輸入をする業者が出てくると思われます。

日本でもミネラルショーといった、

イベントの即売会も定期的に行なわれていますので、

そういった場所でいずれは、

この「ユーパーライト」を入手することが

可能になると思います。

その日まで楽しみですね♪

以上、まるでラピュタの飛行石!?

ミシガン州で発見された、

話題の新種の鉱物についてでした♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)