食用目的でセミ幼虫捕獲禁止の看板が青木町公園に?食べられるの?実はおいしい?【埼玉県川口市】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です。

埼玉県にある公園に、

セミの幼虫を、食用のために捕獲する行為を

止めるように注意する看板があったことが

ネット上で話題になっているようです。

え……!?

食用!?

研究目的とか転売目的とか

そういうのではなく、

食用ですか!?

一体どういうことなのでしょうか。

そもそも食べられるの!?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

食用禁止!?看板が出ている場所

話題の発端は、

Twitter上の以下の投稿となるそうです。

確かに……!

「食用を目的としたセミの幼虫等の捕獲はやめてください」

とはっきりと書いてありますね。

この看板が出ている場所は、

埼玉県川口市にある青木町公園となるそうですよ。

埼玉県川口市青木町公園

スポンサードリンク

そもそもセミの幼虫って食べられるの?

出典:https://ja.wikipedia.org/

川口市の公園課の担当者によると、

今年5月下旬から電話やメールで

「青木町公園でセミの幼虫を大量に捕っている人がいる」

という情報が複数寄せられたのだそうです。

なぜセミの幼虫を大量に捕っているのか?

情報提供を受けた公園課の方で、

その理由を調べたそうなのですが、

「食用を目的としている可能性」

に突き当たったそうです。

そのため、今回話題になっている

食用のために捕獲を禁止する看板を

設置するに至ったそうです。

え……でも、

そもそもセミの幼虫って

食べられるんでしょうか?

スポンサードリンク

セミの幼虫は食べられる……!

虫を食べる……。

ともすれば、ぞわぞわするこの手の話題ですが、

覚悟を決めて調べてみました!

この世には「昆虫食」なるものがあり、

昆虫を貴重なタンパク源として

食べる習慣がある地域は存在しています。

確かに、日本でも蜂の子や

イナゴなどは有名ですよね。

そして、少々信じがたいのですが、どうやら昆虫の中には、

積極的に食べたいと思うほど美味しい昆虫も存在しているらしく、

そういったものを追い求める

「昆虫グルメ」というジャンルもあるそうです。

今回話題となっているセミの幼虫なのですが、

実は昆虫の中でもかなり美味しいらしく、

ビーナッツのような味わいなんだそうです。

その食べやすさから、

昆虫食初心者向け

でもあるそうなんですよ。

ネットでも検索をかけると

いくつかレビューサイトが出てきます。

※虫が苦手な人は閲覧をご遠慮ください。

街じゅうにあふれるセミの声。蒸し暑さに拍車をかける、夏の風物詩だ。 しかし、このセミ、昆虫の中ではかなり上位に…

上記のサイトでは、

セミの幼虫を唐揚げとして調理しており、

土臭さもなく美味しいとしています。

こうして見ると、確かに食用目的で

セミの幼虫を捕獲している人がいることは

間違いないようです。

世の中には様々なジャンルがあるんですね。

しかしながら、

セミの幼虫は成虫になるまで

土の中で何年も過ごしています。

成虫になるために

ようやく土の中から這い出たのに、

そこで食用のために捕獲されてしまうのは

少々かわいそうな気もしてしまいます……。

以上、埼玉県川口市青木町公園に

立てられた看板についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)