片桐邦雄(かたぎりくにお)さんイノシシ素手生け捕り!wiki風プロフィール!寿司割烹竹染の場所(アクセス)や通販・口コミ(評判)は?【ゲキタイレンジャー2】

とにかく臭みがない!

ジビエ料理というと、

付き物なのが「独特の臭み」

これが元で「ジビエ料理はちょっと……」と

敬遠される方も少なくないそうです。

特にジビエ料理の本場であるヨーロッパでは、

この臭みが好まれているそうで、

やはりジビエにはクセがあるというのが

一般的なイメージのようですよ。

ですが、片桐さんの提供されるジビエは、

とにかく臭みがなく食べやすいと

大評判なんだそうです!

なぜかというと、

片桐さんが猟で捉えた動物を

解体する段階で最も重要だと言われている

「血抜き」の工程に、

人一倍神経を使っていらっしゃるからだそうです。

実は血液こそが、

ジビエの臭みの原因になるから

なんですね。

これは、

血液自体が臭みの原因になる、

というお話ではありません。

簡単にご説明いたします。

通常、猟をするとなると、

必ずと言っていい程、

その仕留める段階で

何かしら獲物に傷がつきます。

するとその傷に、

体の表面に付着していた

菌が入り込むんですね。

体内に入り込んだ菌は、

血流に乗って

全身に運ばれることになります。

そして、体温によって

菌が繁殖し始めるんですね。

菌によって血液が腐敗し、

その状態で放置する時間が

長ければ長いほど、

その腐敗臭が肉に付いてしまう

ということになるんだそうです。

先程、本場ヨーロッパでは

臭みが好まれていると申し上げましたが、

この臭みを楽しむために、

完全に血を抜かずに

わざと少し残したりするそうですよ。

臭みを避けるのであれば、

血抜きは生き物を仕留めたら、

出来るだけ素早く迅速に行ない、

更に菌が繁殖しないように

肉はすぐに冷やすことが

望ましいと言われています。

片桐さんはまず獲物を

傷つけないように生け捕りにし、

そのままお店に併設されている

屋内の作業所へ持ち込み、

そこで素早く解体作業を行なうそうです。

そのため、片桐さんの提供される

ジビエはとにかく臭みがないと大評判!

片桐さんもお客さんにジビエの

素晴らしさを知って欲しいとのことでした。

スポンサードリンク

ジビエの通販もあり!

片桐さんのジビエ料理を

ぜひ堪能したい!

でも、遠方のため、

片桐さんのお店へ足を運ぶのは難しい……。

そんなあなたに朗報です!

なんと、片桐さんが経営されている

寿司割烹 竹染では、

ジビエの通販も行なっているそうです!

寿司割烹 竹染【通販】:https://www.chikusen-katagiri.com/animemanga/

テレビで紹介された猪の他にも、

鹿、鴨、鮎がラインナップされています!

どれも天然のもので、

獲れたてをすぐに加工し

真空パックした上で

クール便で送ってくださるそうです!

鹿肉はそのまま生で

食べることも可能だそうですよ。

これはぜひとも注文したいですね!

スポンサードリンク

寿司割烹 竹染の口コミ・評判は?

実際のところ片桐さんお店の

ジビエ料理は美味しいのでしょうか?

こちらも気になって調べてみました!

猪を食べたいなと思い探してると、

ここに行き当たりました。

夜は予約が取れず、

お昼に7000円の猪鍋のコースをお願い。

鹿の刺身、猪カツ、鹿のリブ、猪のしゃぶしゃぶ、

どれもハイクオリティでくさみもなく

大阪から来た甲斐がありました。

しかもまさかの猪おかわりまでできて、

お腹いっぱいでも胃もたれせず大満足。

次はうなぎの季節にお邪魔したいです。

引用:https://www.google.co.jp/

生け捕り専門のハンター片桐さんのお店。

人気なので仲間と予約して伺いました。

できるだけストレスを与えずに処理されているので、

通常のジビエとは違った美味しさでした。

引用:https://www.google.co.jp/

とても評判が高く、

実際に食べに行かれた方からは

絶賛の声が多かったです。

これは私もぜひ食べてみたいと思いました!

以上、イノシシを生け捕りにする超人!

片桐 邦雄さんについてでした♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)