気温25度(25.9度)で熱中症!?車内の温度は?生後8ヶ月男児(埼玉県本庄市在住)死亡!【群馬県中之条町】

群馬県中之条町の当日の気温は?

群馬県前橋地方気象台の発表によると、

中之条の8月8日(水)午前10時の気温は

25.9度だったそうです。

男児は午前4時30分頃から

寝かされていたということですので、

その時から午前10時頃までの

中之条の気温を30分毎に調べてみました。

午前4時30分 20.6度
午前5時 20.4度
午前5時30分 20.3度
午前6時 20.6度
午前6時30分 20.9度
午前7時 21.9度
午前7時30分 23.1度
午前8時 23.7度
午前8時30分 24.5度
午前9時 25.3度
午前9時30分 25.5度
午前10時 25.9度

出典:https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/10min_a1.php?prec_no=42&block_no=1020&year=2018&month=8&day=8&view=

緩やかに気温があがっていくといった感じですね。

また、環境省が発表している暑さ指数によると、

25度未満は「一般に危険性は少ないが激しい

運動や重労働時には発生する危険性がある」とし、

25度以上~28度未満は「運動や激しい作業をする際は

定期的に充分に休息を取り入れる。」となるようです。

出典:http://www.wbgt.env.go.jp/sp/wbgt.php

午前4時30分頃の中之条は20.6度となっており、

この数値だと体感としても涼しいと思い、

これなら熱中症も心配ないだろうと

油断をしてしまったのではないのでしょうか。

スポンサードリンク

車内の温度はどうなる?

体感としては、

涼しく感じてしまうかもしれませんが、

こういう時、車内の温度は

どれくらいまであがるものなのでしょうか?

事故当時、軽乗用車を停めてあった駐車場は

舗装されておらず屋根はなかったそうでして、

車のエンジンはかけていなかったそうです。

また、男児を置いた時刻は午前4時30分となり、

辺りはまだ薄暗かったはずなので、

安全面から恐らくは窓は閉め切っていた

可能性が高いと思われます。

なお、事故が起きた8月8日の中之条町の

日の出時刻は午前4時56分だったそうです。

当日は晴れでした。

事故当時、外気温は20度台だったでしたが、

車内はどれくらいの暑さになるのでしょうか?

こちらについては公表はされていませんでしたが、

代わりに参考となるデータがあります。

過去にJAFがユーザーテストで晩春から初夏、

車内の温度上昇がどれほどのものなのかを

実験していたものです。

実施されたのは2007年4月26日、

場所は埼玉県戸田市です。

季節は異なりますが、

その日の戸田市の気温は約23度だったといいますから、

参考になると思いますのでご紹介いたします。

出典:http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail1.htm

外気温にはあまり変動はありませんが、

車内の温度(赤線)が信じられないくらいに

上がっているのがお分かりになるかと思います。

埼玉県戸田市の2007年4月26日の

日の出時刻は午前4時56分とのことでした。

これは、直射日光が当たることによって車が温まり、

その熱が車内の温度を上げているということですね。

グラフ上では、午前10時にはなんと

「40度」に達するという驚愕の数値が出ています。

もしもこのような車内に、抵抗力の低い赤ちゃんが

置き去りにされるなんてことを考えると……

どうなるかは火を見るより明らかですよね。

また、同ページにはこのような注意喚起も掲載されていました。

●医学的に見た子ども(乳児)の熱中症

赤ちゃんは、一見スヤスヤと気持ちよく

寝ているように見えても、

実は体内では大人が小走りをしている時と

同じくらいの代謝をしていることになります。

これは大人に言いかえれば、50℃近いバスの中を

走り回っていることに相当します。

春先の爽やかな季節のもと、車内でスヤスヤと寝ている幼児が

10分程度の短時間のうちに重症疾患になったり、

死に至る可能性もあることを認識すべきなのです。

(子供の安全ネットワークジャパン、医療法人誠仁会伊藤病院 伊藤将史院長)

引用:http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/temperature/detail1.htm

春先の車内で10分程度でも重症疾患になることもある……

それでは真夏の季節は?これは本当に恐ろしいことです。

スポンサードリンク

ネット上の反応

今回の事故について、

ネット上で意見があがっておりましたので、

一部をご紹介いたします。

意味がわからん。

寝てたからって理由で、何故家にいれないの?

確認しに行ってる時点で車放置も意味がわからない。

私も実家遠いから朝方ついて、眠いのは分かるけど、

子供車に置いてくって発想は100%ない。

只の殺人。

実家の親も何も言わないの意味がわからない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000107-asahi-soci

なんで子供だけ車に残すの?

お盆の帰省するのに渋滞避けて夜中に着くのはわかるけど、

起きちゃってもしょうがないから子供も連れて行くとか、

せめて大人も車のこって仮眠するべきでしょ。

長時間、子供を目の届かないところに放置するのが信じられない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000107-asahi-soci

夏じゃなくても、8か月の子供を車内には絶対に残さない。

親としての自覚が足りない。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000107-asahi-soci

え、、、10時近くまでそのまま車に!?

途中で喉乾いたりお腹すいたりで起きて泣いたりもするんじゃないの??

ちょっと理解できない

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000107-asahi-soci

生後8ヶ月の赤ちゃんを車内に置き去りにしたことに対して、

困惑している意見が多く、また、非常に厳しい意見も多かったですね。

親も疲れていたのかもしれません。

ですが、それでも力の弱い赤ん坊を離すというのは、

軽率だったように思えてしまいます。

親も一度仮眠を取って、多少は疲れも取れていたでしょうから、

せめて午前6時に赤ちゃんを家に入れてあげてほしかったと思います。

このような事故は

やはり起こってほしくないものですね。

以上、群馬県中之条町で起きた事故についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)