北尾幸司容疑者虐待で再逮捕!顔画像や自宅住所は?男児の母親は再婚相手?左官職人?【滋賀県大津市】

事件の詳細

事件の経緯をまとめてみました。

2017年3月26日 同居している当時2歳の男児をビニール製のゴミ袋に入れて口を結び、短時間放置する暴行を加える

2017年12月30日 3歳になった男児の顔にペンのような物を投げつけ、額に全治5日間の刺し傷を負わせる

2018年6月26日 男児の顔を平手打ちし、全治1週間の打撲を負わせ、大津北署などが傷害容疑で逮捕

今回の事件は、市職員と児童相談所、

警察などによる市の要保護児童対策地域協議会

実務者会議で発覚したそうでして、

北尾容疑者は男児を

ゴミ袋に入れたことは認めているそうですが、

ペンのような物を投げたことは

「手を上げただけ」と否認しているそうです。

容疑の内容としては

主に上記の3点のみのようですが、

こうして見ると長期的に発生していますね。

この事から、北尾容疑者は男児へ

日常的に虐待を繰り返していた可能性がある

と言われています。

北尾容疑者は44歳ともあり、

世間一般的には立派な

大人として扱われる年齢です。

そんな大人が、なぜ2歳児に

このような事をするのか

本当に考えれば考える程不可解です。

スポンサードリンク

男児は再婚した妻の連れ子?

北尾容疑者は、妻と長男、

二男の4人暮らしだったそうです。

一部ニュースでは

「北尾容疑者は子ども2人と男児の母の4人暮らし」

と表現されており、

北尾容疑者を「同居の父親」、

被害者の男児を「同居する男児」としていることから、

北尾容疑者と被害者である男児は

直接的な血の繋がりがなかったと考えられます。

つまり、北尾容疑者は再婚であり

男児は再婚した妻の連れ子だったのではないでしょうか。

北尾容疑者は何らかの理由で、

再婚相手の連れ子である、

この男児が疎ましかったのかもしれませんね。

しかし、もしも再婚だったのならば、

相手に連れ子がいるということは分かっていたはずです。

連れ子も含めて家族となる覚悟もないまま

相手と一緒になったということでしょうか……。

スポンサードリンク

ネット上の反応

今回の事件に関して、

ネット上でも様々な意見があがっていたので

一部を紹介したいと思います。

育児とはきれいごとだけではいきません。

とても大変な時期もあるのも事実です。

しかしどんな経緯かわからないけど

やっていい事とダメな事の区別もつかないのでしょうか。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

母親は知らない訳が無い、

見て見ぬふりか!

コイツは自分のストレス解消の為にやってたのか、

本当に腹立たしい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

以前にmotherというドラマで、

当時まだ幼かった芦田愛菜ちゃんが、

親からごみ袋に入れて棄てられていましたね。

こんな虐待が現実にもやはりある。

いいかげんに、親の権利より

子の権利を尊重する法改正をしてほしい。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

家庭とは閉ざされた空間であり、

そこに異常があったとしても

なかなか発覚しづらい側面を含んでいます。

それだけに、今回は幼い命が

不当な暴力によって

失われなかったことだけが幸いです。

ネット上でも意見が散見されましたが、

やはり、子の権利を尊重する法改正を

私も望みます。

以上、滋賀県大津市で

起きた虐待事件についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)



コメント

  1. より:

    親が北尾幸司さんの知り合いで話して見ましたが旦那が子供の面倒しっかり見てて嫁さんはなんもしない親やったらしいですよ、家も嫁が何もしないからゴミ屋敷で、おまけにパチンコ狂いでお金使い込んで怒られた逆恨みとゆう話、北尾さんの周りで嫁の味方は誰もいないほどだそうです。今回もまたパチンコでお金を使い込み怒られるのを恐れて有る事無い事大げさに言って旦那を遠ざけてるようです