スーパー銭湯(ゆららの湯押熊店)で屋根が落ちる?場所(現場)はどこ?原因は?【奈良県奈良市押熊町】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です。

7月8日(日)、

奈良県にあるスーパー銭湯の屋根が落ち、

なんと人がその屋根の下敷きになってしまったという

事故が起きてしまったそうです。

誰もが疲れを癒やすことが出来る

銭湯でそのような事故が起きてしまうだなんて

びっくりですよね。

残念ながらこの事故で男性客一人が

お亡くなりになられたそうです。

まずは、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

なぜこのような事故が

起きてしまったのでしょうか?

今回はこちらの事故について

まとめてみました。

スポンサードリンク

事故の概要

出典:https://www.asahi.com/

7月8日午後14時40分頃、

奈良市押熊町のスーパー銭湯

「天然湧出温泉 ゆららの湯押熊店」の従業員から

「露天風呂の屋根が落ちてけが人がいる」と119番があった。

奈良県警奈良西署などによると、

男性客3人が負傷し、うち60代の男性が頭部出血で、

搬送先の病院で死亡。

50代と80代の男性客は肩を打撲する軽傷を負った。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

事故の現場

公開されている情報から、

事故が起きたのは以下の場所となります。

スーパー銭湯「ゆららの湯押熊店

出典:https://www.its-mo.com/

今回は、こちらの施設にある男湯の

露天風呂の屋根が落ちてしまったということです。

同店の公式サイトによると、

男女合わせて和風の露天風呂3か所、

南国バリをイメージした露天風呂3か所があったそうです。

調べたところ、和風の露天風呂と南国バリの露天風呂は

日替わりなどのローテーションで男女の入替えを

行なっていたようですね。

当ブログへ寄せられた情報によると

和風の露天風呂と南国バリの露天風呂は

毎週日曜に男女の入替えを行なっていたそうです。

事故が起こったのは和風の露天風呂で

事故当日は男湯となっていたようです。

スポンサードリンク

事故の原因は?

出典:http://1onsen.com/

落ちてしまった屋根は、縦約8メートル、横約7メートル、

高さ約2.5メートルの雨よけのために建てられたもので、

セメント製の瓦が載っていたとのこと。

屋根は木製の柱6本で支えられていたそうです。

この木製の柱がお湯や湯気などが原因で

腐食していた可能性があり、

屋根の重さを支えきれなくなって

崩落したのではないかと見られているそうです。

また、今回は男性客一名が命を落としていることから、

奈良県警奈良西署は業務上過失致死容疑も

視野に入れて詳しい原因を調べているそうですよ。

今回事故が起きてしまった施設側でも、

一刻も早い原因解明のために

警察の捜査に協力しているとのことでした。

事故が起きた当日は日曜日ともあり

訪れた大勢の方で賑わっていたと思います。

そんな中で起きてしまった事故、

とても残念ですよね。

地元の方にも愛されていた施設だったようで、

普段よく通っている施設で

まさかこんな事故が起きるなんてと

ショックを受けているコメントも見受けられました。

このような事が今後起きないためにも

ぜひ事故の原因を明らかにして頂き

防止策を講じて頂きたいと思います。

以上、奈良県奈良市押熊町の温泉施設で

起きた事故についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)



コメント

  1. kiko より:

    ここよく利用するのですが 日替わりではなく毎週日曜に男女 入れ替わります。

    • 管理人 より:

      この度は情報提供を頂き誠にありがとうございます。
      該当箇所を修正いたしました。