片桐政男さん過労死!勤務先ドン-キタモト(松富士食品)はどこ(場所)?隠れ残業や隠れ出勤?【埼玉県北本市】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です。

7月5日(木)埼玉新聞にて、

当時29歳の男性社員が過労死した問題で、

約7年越しに労働基準監督署が労災として

認定したという記事が掲載されましたね。

過労が招く死……

昨今では本当にこういった事が

後を絶ちませんね……。

今回はどういった

経緯だったのでしょうか?

埼玉県北本市で起きた、

過労死問題についてまとめてみました。

スポンサードリンク

【目次】

  1. 過労死問題の概要
  2. 亡くなられた方について
  3. 勤務先のラーメン店について
  4. 過労死に至った経緯
  5. 隠れ残業や隠れ出勤があった?
  6. 会社側の体制や責任が問われる

過労死問題の概要

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

埼玉県北本市のラーメン店で、

当時29歳の男性社員が過労死した問題。

亡くなった男性は新入社員で働き盛りの年齢ながら、

過酷な深夜業務が続いた末、尊い命を落とした。

さいたま労働基準監督署が認定した

直近1カ月の総労働時間は約257時間、

残業は約89時間。

しかし、遺族によると、タイムカードに残らない

隠れ残業や隠れ出勤をしていた可能性があり、

男性は亡くなる直前「仕事を辞めたい」と話していたという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサードリンク

亡くなられた方について

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

  • 名前:片桐政男さん
  • 年齢:29歳(当時)
  • 職業:ラーメン店正社員
  • 住所:埼玉県北本市

片桐さんは2011年3月に

北本市のラーメン店に契約社員として入社し、

同年7月に正社員として採用されたとのこと。

同店で主に調理業務に

従事していたそうです。

長時間労働が続いた

同年9月30日未明、深夜に帰宅した後、

急性心不全により亡くなられました。

スポンサードリンク

片桐さんが働いていたラーメン店は?

公開されている情報から、

片桐さんが働いていたラーメン店は

以下の可能性が高いと考えられます。

ドン-キタモト北本店(松富士食品)

※上記の住所やグーグルマップは断定をするものではありません。

スポンサードリンク

過労死に至った経緯

今から約7年前である2011年9月30日、

午前2~3時ごろに帰宅した片桐さんは、

自宅の2階で、同居するお母さんの作った

食事を取り、突然苦しそうな大声を上げて

昏倒したそうです。

その声を聞いたお母さんが異変に気付いて、

片桐さんの様子を見に行ったそうですが

すでに反応はなく、片桐さんは病院に運ばれましたが、

病院で死亡が確認されたそうです。

片桐さんが亡くなられた死因は

急性心不全だったとのこと。

片桐さんは当時29歳と

年齢的にもまだまだ若く働き盛りでした。

そんな彼がなぜ急性心不全で亡くなられてしまったのか、

それはどうやら

過酷な長時間労働に原因があったようです。

お母さんは、

以前から片桐さんの長時間労働を心配していて、

毎日自宅を出る時間と帰宅する時間を

ノートに記録していたそうです。

片桐さんは夜の遅番を任されており、

タイムカードの打刻履歴では、

出勤時間はおおむね午後4時台で、

退勤時間は翌午前2、3時台だったそうです。

1日の労働時間を午後16時~午前2時までとした時、

すでに10時間となっていますね。

この時点で休憩時間が2時間程ないと、

1日の実働時間は8時間を超えていますし、

超過した分は時間外労働(残業)となります。※

店側の記録では、

亡くなる前月は片桐さんは計5日間の休日を取っていた

というものになっていたそうなのですが、

お母さんのノートの記録によると、

2カ月で休んだとされる計6日間のうち4日間は出勤しており、

つまり片桐さんは2日しか休んでいなかったことになるそうです。

単純に考えても、

月に1日しか休めていなかったという

計算になりますよね。

んん??

これは…

あからさまな食い違いがありますよね。

※以下、参考

労働基準法で定められている法定労働時間は以下のとおりです。

第32条(労働時間)

使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について

40時間を超えて、労働させてはならない。

使用者は、1週間の各日については、労働者に、

休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/労働時間#法定労働時間

なお、労働基準法による

残業時間(時間外労働)は以下のようになっています。

労働者に時間外・休日労働をさせる場合には、

事業場の過半数の労働者で組織している労働組合

(無い場合は労働者の過半数代表)と36協定を締結する必要があり、

36協定は労働基準監督署に届け出なければならない。

ただし、36協定を締結したからと言って、

無制限に残業させられるわけではなく、

残業時間には「時間外労働の限度に関する基準」が定められている。

この基準により、例として1か月45時間、

1年360時間などの限度が示されている。

出典:https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyunhou_10.html

【NEXT】タイムカードの記録は嘘?他にも隠れ残業や隠れ出勤が…?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)



コメント

  1. 中島主税 より:

    松富士食品は働き方改革をいち早く取り入れ マルチタスク化で一日実働8時間に週休2日制を実現させていたという話ですが それは嘘なんですか?

    • 管理人 より:

      コメントをお寄せ頂きありがとうございます。

      会社側の体制に嘘があったのかどうかについては、
      残念ながら私には断定することはできません。

      しかし、報道されている内容によれば、
      店側に残されているタイムカードと
      遺族側が記録していたものに食い違いはあるようですね。

      そのため、労働時間の認定が実際より少ないなどとして、
      遺族側は東京地裁に認定の取り消しなどを求めて提訴し係争中とのことです。

      今後は裁判で実態が明らかにされていくのかもしれません。

      参照URL【https://mainichi.jp/articles/20180706/k00/00e/040/158000c