ポーの一族(ユニコーン編)第2話あらすじネタバレ感想!「ホフマンの舟歌( バルカロール)【前編】」【萩尾望都】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

前号の月刊フラワーズ2018年7月号にて

めでたく新連載となった、

萩尾望都先生の「ポーの一族(ユニコーン編)」!

今回の時代は2016年ともあって、

なんとスマホが登場したり

通販で買った服や靴をエドガーが身につけたりと、

いろんな意味で衝撃的でしたね!!

そんなポーの一族・ユニコーン編ですが、

何やら怪しい謎の男「ローレルダイモン」という

新たな吸血鬼が登場しました!

見るからに怪しい人物ですが、

その正体はどのようなものなのでしょうか!?

これから先の展開が本当に気になります!

それでは、今回もまずは第2話

「ホフマンの舟歌( バルカロール)【前編】」

のあらすじダイジェストからお伝えしたいと思います!

※ネタバレが含まれていますので、

単行本派の人はこの先は読まないようにご注意下さい。

【目次】

  1. ご挨拶(このページ)
  2. ポーの一族(ユニコーン編)第2話のあらすじダイジェスト
  3. ポーの一族(ユニコーン編)登場人物
  4. ホフマンの舟歌( バルカロール)とは?
  5. ……編集中……(随時追記していきます)

ネタバレOKの方は次ページへと進んで下さい♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)