輝夜伝(かぐやでん)第3話ネタバレあらすじ感想!「兄者」【さいとうちほ】

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です♪

月刊フラワーズ2018年8月号が

本日6月28日(木)に発売されましたね♪

前号では、物語のキーワードともなっている事件

「血の十五夜」の舞台である

「黒の陣」と呼ばれる建物が出てきてました。

名前の通り、まるで焼け焦げてしまったかのような

おどろおどろしい黒い建物で、

こんな建物でおぞましい事件があったのかと思うと、

私も震える思いでした。

一夜にして大勢の滝口の者が亡くなってしまったという

この奇怪な事件の真相はどのようなものなのでしょうか?

この先の展開にますます目が離せません!

それでは、今回もまずは第3話「兄者」の

あらすじダイジェストからお伝えしたいと思います!

↓関連記事↓

輝夜伝(かぐやでん)第2話ネタバレあらすじ感想!「黒の陣」【さいとうちほ】

※ネタバレが含まれていますので、

単行本派の人はこの先は読まないようにご注意下さい。

【目次】

  1. ご挨拶(このページ)
  2. 「輝夜伝」第3話のダイジェストと登場人物
  3. ……編集中……(随時追記していきます)

ネタバレOKの方は次ページへと進んで下さい♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)