【青森女性殺害事件】被害者・菊池のり子さんと小山和子さんの殺害現場(場所)はどこ?犯行の手口や犯人の動機は?

こんにちは!

気になったら何でも調べちゃう、

知りたがり屋の麻衣(まい)です。

今月より青森市で発生している

連続殺人事件が世間の注目を

集めていますね。

出典:http://www.aba-net.com/

これは6月12日に

60代の女性が自宅で遺体で

発見されたことに端を発しています。

そして60代女性の遺体が発見された僅

か一週間後、今度は同じ市内に住む

70代の女性の遺体が同じく

自宅で発見されたそうです。

警察は2人の死因を他殺と断定し

捜査を進めているそうなのですが、

なんと2つの現場は直線で

たった約100m程しか離れていないというのです。

短い期間に2人も被害者が出てしまっている

この不可解な事件、今回はこの事件について

まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

事件の概要・被害者について

青森市の同じ町会内で発生した

二つの女性殺害事件を巡り、

青森署の捜査本部は23日、

引き続き現場での鑑識作業、

現場周辺での検問や警察犬などを投入しての

遺留品の捜索を行っている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

この事件の被害者は菊池のり子さん、

小山和子さんという方になります。

  • 名前:菊地 のり子さん
  • 年齢:67歳
  • 職業:無職
  • 住所:青森県青森市旭町1丁目

  • 名前:小山 和子さん
  • 年齢:79歳
  • 職業:小売店経営
  • 住所:青森県青森市北金沢2丁目

出典:https://www.kahoku.co.jp/

菊地のり子さんは、

6月12日(火)に自宅から

仰向けの状態で遺体で見つかりました。

死因は、首を圧迫されての窒息死となるそうです。

公開されている情報や映像から、

菊池さんの遺体発見現場は

以下の可能性が高いものとなります。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

※上記の住所やストリートビューは断定をするものではありません。

そして、菊池さんの遺体発見から1週間たった

6月19日(火)、今度は小山和子さんが

店舗を兼ねた自宅から遺体で見つかったそうです。

公開されている情報や映像から、

小山さんの遺体発見現場は

以下の可能性が高いものとなります。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

※上記の住所やストリートビューは断定をするものではありません。

菊池さんと同じく、

小山さんの遺体も仰向けの状態だったそうです。

また、小山さんの場合は首を絞められての窒息と、

腹などを刺されての失血の両方が死因となります。

死因の共通点としては、

窒息となっています。

スポンサードリンク

犯行の手口や動機は?

警察が調べたところによると、

それぞれの自宅は当時、玄関や裏口に施錠が

されていなかったそうです。

昔からの慣習により、施錠をする必要が

あまりなかったのかもしれませんね。

しかし、今回はそれが仇となり、

鍵がかかっていない玄関や

裏口から犯人が侵入した

可能性が高いと見ているそうですよ。

また、犯行後、遺体を動かした形跡がなく、

現金や貴重品なども手付かずだったそうで、

お二人の自宅は荒らされた形跡はなかったそうです。

そのため、物盗りの犯行は

低いのではと見られているそうですよ。

そうなると、怨恨の可能性も考えられますので、

菊池さんと小山さんの間に共通する

利害及び交友関係を洗い出している

最中だそうですが、

現時点では残念ながら

有力な手がかりは得られていないようです。

ですが、最初の犯行が行われた以降、

警察もパトロール態勢を強化していたはずですので、

第二の犯行が僅か1週間後、

直線でたった約100mしか離れていない場所で

犯行が行われたという点を見ると、

警察の目を掻い潜れる程の

土地勘がある人物が犯人である可能性も

考えられるかも知れません。

しかし、やはり犯人の動機が不明だと、

今度は一体誰が狙われてしまうのか、

不安な日々が続きますよね。

地元の住民からも同様の

不安の声があがっているそうです。

県警もこれ以上の被害が出ないために、

地区住民の安全を守るため、

24時間態勢で一帯の

パトロールを続けており、

事件解明のために

全力で捜査をしているそうですよ。

地元の方たちのためにも

また被害者お二人のためにも

一日も早く犯人が捕まることを祈っています。

以上、青森女性殺害事件についてでした。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

おすすめ記事(一部広告含む)
おすすめ記事(一部広告含む)